用例:「今回の結婚は、世代によって受け止めが異なっている。若い世代には、家父長制的でマッチョな日本社会の不平等や抑圧に敏感な人も多く、弱い人への配慮を示す眞子さんの姿勢に共感した人もいただろう。ネット社会が進展し、日本社会が余裕がなくなる中、皇室にも「消費者マインド」で接し、「税金を使ってうんぬん」などと発言する人が出てきた。かつて眞子さまや佳子さまがアイドル化された現象があった。自分たちの理想像を投影して外見が消費されたもので、お二人の意思への配慮はなかった。」

anonymous (28.10.2021)

用例:「平成の皇室は国民に開かれた姿をめざし、自分たちの「弱さ」も明らかにすることで人々の共感を得てきた。明仁上皇が退位の意向をにじませた「おことば」を公表した際も、自らが年齢を重ねて身体が衰えたことへの言及に加え、立場上、発言に制約があることの不自由さが人々に伝わった部分もある。」

anonymous (28.10.2021)

Fuck, falsches Akihito, sorry.

anonymous (28.10.2021)

用例:「平成の皇室は国民に開かれた姿をめざし、自分たちの「弱さ」も明らかにすることで人々の共感を得てきた。明仁上皇が退位の意向をにじませた「おことば」を公表した際も、自らが年齢を重ねて身体が衰えたことへの言及に加え、立場上、発言に制約があることの不自由さが人々に伝わった部分もある。」

anonymous (28.10.2021)

Unterstüzung‹ weglassen sollte, bzw. zumindest in Klammern fügen sollte.

JPP (28.10.2021)

Das »zur Unterstützung« wurde sicherlich hinzugefügt, da es im japanischen Begriff enthalten ist. Ich frage mich jedoch, ob man es wirklich braucht, denn wenn der Kontext klar ist - und das ist er durch die Zusatzinformation »bei Behördengängen usw.«, sagt man im Deutschen einfach nur ›Begleitung‹, ohne ›zur Unterstützung‹ hinzufügen zu müssen. Also kann das deutsche ›Begleitung‹ bereits ausdrücken, was im Japanischen durch den Zusatz noch spezifiziert werden muss. Da das so ist, finde ich, dass man ›zur

anonymous (28.10.2021)

[2] metaphorischer Ausdruck für das Verstecken nicht-heterosexueller sexueller Orientierung

anonymous (28.10.2021)

  ✔  

Die Aussprache von "提携" ist hier falsch verzeichnet, es heißt nicht けいてい (keitei) sondern ていけい (teikei).

ベル二 (28.10.2021)

wenn man voll breit sucht wird der Eintrag nicht gefunden: "GK"

anonymous (28.10.2021)

->Kōdōkan

anonymous (28.10.2021)

historische Bezeichnung? (zB Edo für Tokio)

anonymous (27.10.2021)

jetzt Ex-Prinzessin

anonymous (27.10.2021)

Starten; Auflaufen (Mannschaftssport)

anonymous (27.10.2021)

板倉滉 (bei Schalke)

anonymous (27.10.2021)

用例:「早く支援を届けるために簡単な自己申請でいったん給付し、給付後に所得を確認して不正があれば罰則を適用する「二段階審査」を周さんは提言する。「より少ない予算で、不正受給を防ぎながら必要な人を早く支援することができるのではないか」。困窮しても支援制度を使っていない人も少なくない。「制度の周知や自力での手続きが難しい人への同行支援などが大切だ」と指摘する。」

JPP (27.10.2021)

用例:「コロナ対応の経済対策に投じる額をGDP比でみると日本は主要国と遜色ない。だが、広く薄く配られ、必要な人に必要額が届いていない」とみる。」

anonymous (27.10.2021)

用例:「そして皇室に結婚問題がこれからも多発すれば、地平線に共和国のあけぼのの光が射す日も、つまり普遍主義の太陽が照らす日も100年か200年するとくるかもしれない。それまでに何人の「高貴なお方」たちの運命が犠牲にならなければならないのだろう。」ー三嶋憲一

JPP (27.10.2021)

用例:「、どの国や文化でもしきたりと儀礼の複雑なもつれがいくつもあろう。そういうことを重視するのを社会思想ではコンテクスト主義という。「うちの会社ではこうやってるんだ」というのもその種の発言だ。大抵の時には従ったほうが、生き残り術や出世術としては賢明だ。実際にアリストテレスはこういうのを「賢明」と呼んでいる。「優れた判断力」「常識」とも。それが全体のためになるからだ。しかし、いざというときは、賢明を捨てて、つまり全体を無視して、個人として譲れない規範の方をぶきっちょに重視することこそ、少なくとも形式的には身分制でなくなった社会では必要だ。「身分」の異なる結婚でも憲法24条の方を重視するこうした考え方をコンテクスト主義に対立させて普遍主義(ユニヴァーサリズム)という。」

anonymous (27.10.2021)

用例:「もちろん、どんな社会にもしきたりや儀礼が、習慣や風習がある。小生が生きてきた大学や学会でもごまんとある。そういうことは存在しないことを自慢しているヨーロッパやアメリカの学者たちの世界でも、ちょっと気をつけてエスノグラフィー的な視線で見れば儀礼と習慣のかたまりだ。」ー三嶋憲一

JPP (27.10.2021)

用例:「50年ぐらいではメンタリティが変わらないという点では、皇室のメンバーのプライバシーが世間の大きな関心の対象である点も、そしてそれについて持ち出される議論の古色蒼然たるパターンもまったく変わっていないではないか。社会というのは、意外と古いものだ。シブヤやハラジュクだけ見ていたら大間違い。」ー三嶋憲一

JPP (27.10.2021)

用例:「特に抑圧を与える側のメンタリティは変わるものでないことは、夫婦別姓をめぐる議論からもわかる。日本社会の上層部は、つまり、保守系の政治家や高級官僚や一流会社の重役クラスの人々には夫婦別姓などというのは、そして、身分を越えた結婚などというのは、公序良俗に反することなのだ。ご本人たちは、銀座3人組ならずとも、「接待を伴う飲食店」に出入りしながらだが。いや事実上の身分制社会だからそういう店も多いのかもしれない。そういう人々にかぎって高級ホテルの結婚式場には「鈴木家・麻生家結婚式場」などという札がかかる。「一郎・花子結婚式場」あるいは「花子・一郎結婚式場」でなぜ悪いのだろうか。」ー三嶋憲一

JPP (27.10.2021)

用例:「昭和初期に映画にもなった「東京行進曲」の西條八十による歌詞の一部「いっそ小田急で逃げましょか」というのは、私の子供の頃にもよく聞いたセリフだ。「小田急(おだきゅ)る」という言葉も流行り、小田急は「駆け落ち電車」とも言われたとか。」

anonymous (27.10.2021)

用例:用例:「数日前に、編集部から皇室の眞子さんと小室圭さんの結婚問題について考えるところをなにか、という原稿の依頼をいただいたときに、これはとても必要枚数は書けないな、と思ったものだ。なぜなら女性と男性が、それもまだ若い二人が結婚したいと言ったときに、それにとやかく言うのは、「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」するという憲法24条の精神に反することは歴然としているからだ。この規定は、相手の親の出身地や、あるいは階層や職業、さらには人種(嫌な言葉だが)や宗教を理由に妨害することも含めて、まわりがとやかく言ったり、阻止したりするものではない、ということを含んでいるはずだ。だいいち、憲法を持ち出すまでもなく、相手の親がどうだとか、財産や借金がどうだとかいうのは、それを囃(はや)し立てるメディアも含めて、人間の品格としていかがなものか。自分のときに、あるいは自分の子供の時にそういう横槍が入ったらどういう気がするだろうか、と考えただけでも、答えはあきらかなはずだ。現代は身分制社会ではない。」ー三島憲一

JPP (27.10.2021)

用例:「数日前に、編集部から皇室の眞子さんと小室圭さんの結婚問題について考えるところをなにか、という原稿の依頼をいただいたときに、これはとても必要枚数は書けないな、と思ったものだ。なぜなら女性と男性が、それもまだ若い二人が結婚したいと言ったときに、それにとやかく言うのは、「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」するという憲法24条の精神に反することは歴然としているからだ。この規定は、相手の親の出身地や、あるいは階層や職業、さらには人種(嫌な言葉だが)や宗教を理由に妨害することも含めて、まわりがとやかく言ったり、阻止したりするものではない、ということを含んでいるはずだ。だいいち、憲法を持ち出すまでもなく、相手の親がどうだとか、財産や借金がどうだとかいうのは、それを囃(はや)し立てるメディアも含めて、人間の品格としていかがなものか。自分のときに、あるいは自分の子供の時にそういう横槍が入ったらどういう気がするだろうか、と考えただけでも、答えはあきらかなはずだ。現代は身分制社会ではない。」ー三島憲一

JPP (27.10.2021)

Was ist der Unterschied zu 暗喩?

anonymous (27.10.2021)

用例:「留学して仕事を探し、二人の暮らす場所とする。衆人環視の日本にはこれ以上いられないという決意だろう▼ここに至るまでには「国民が祝福できる結婚かどうか」とも言われたが、それも妙な話だ。憲法を素直に読めば「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」するのだから。愛する人と人生をともにしたいという思いが二人にあれば十分なはずだ▼今回の件で、皇室にいることの不自由さにどうしても目が向く。職業選択の自由も、信教の自由もない。自分で住む場所を選ぶこともできない。男性の婚姻は皇室会議の議を経ることになっており、はっきりと自由が制限されている▼皇室に敬意を抱き、ながく続いてほしいと願う人は多いだろう。しかし、あれほど自由のないところにあなたは生を受けたいかと聞かれたら、どう答えるか。そんな自問自答から始めるしかないように思う▼」

anonymous (27.10.2021)

ausgestalten

anonymous (27.10.2021)

im weiteren Sinne "Familienverhältnisse"

anonymous (27.10.2021)

  ✔  

Septum (Mykologie)

anonymous (26.10.2021)

  ✔  

->Geschmackssinn

anonymous (26.10.2021)

Geschmacksempfindung vielleicht?

anonymous (26.10.2021)

  ✔  

Ökologie

anonymous (26.10.2021)

das wird auch gesprochen verwendet, also nicht schriftsprachlich

anonymous (26.10.2021)

用例:「「日本は、韓国や台湾と異なり、自らの手で民主化を成し遂げたわけではありません。人々が路上に出てデモを行い、政治を変えたという成功体験が、ほとんどないからでしょうか。男性も女性も、日常の場で政治を論じることが、あまりになさすぎます。女性が政治的意見を持つことを、よしとしない風土も強いようですね。男性政治家にとって、実に政治をやりやすい国だと思います」」

JPP (26.10.2021)

einfach gearbeiteter Schirm aus dickem Ölpapier

anonymous (25.10.2021)

wörtlich "Schlangenauge". Unicode-Symbol "◉".

anonymous (25.10.2021)

Anziehung

anonymous (25.10.2021)

auch Schirm

anonymous (25.10.2021)

auch Hut (eines Ständerpilzes)

anonymous (25.10.2021)

  ✔  

Sieht nach einem Syntaxfehler aus.

anonymous (25.10.2021)